前のページに戻る

    岸岡の家

    _ 鈴鹿市

    設計者/桂山翔/㈱上村工建

    54坪の敷地に60坪の建物を積み重ねた、三重県では少し珍しい三階建ての二世帯住宅です。
    設計者の実姉家族と義兄の親御さんの住まいですが、LDKや水廻り・玄関も含め全てをそれぞれの専用とし、互いのプライバシーを尊重した間取りとしました。
    建物内部で唯一行き来ができる扉には施錠が出来るようにする程徹底をしましたが、実際に住まい始められてからは常に開けっ放しでほぼ自由に行き来しています(笑)
    今となってはそれも、基本的には干渉しない建物とした距離感が逆に家族同士を近づけたのかな、と感じています。

    ■ 場所/三重県鈴鹿市  ■ 竣工/2014年4月  ■ 構造/木造三階建  
    ■ 施工/四日市スタジオ(担当:桂山翔)