前のページに戻る

    カムル-内在する平屋-

    _ 津市

    建築家/加藤純・ 竹内美穂/一級建築士事務所 作人

    敷地の東西には平屋建ての施設、南北には駐車場がある立地条件です。
    クライアントのご要望である「庭への開放性」を考えた上で、1階部分のプライバシーの確保が課題でした。
    塀や壁を使って1階部分の低い視線のみ遮ることにして、1階の家族が集まる生活の「場」に、
    間口8.5mの大開口設け、庭との親和を深めるよう計画しました。
    さらに、その「場」を勾配天井とし、その勾配のまま庭へ開いた大開口にある庇までを繋げています。
    「小屋裏空間が一体のボリュームになっている片流れの平屋」と同質の空間をもった総2階建ての家です。

    ■ 場所/三重県津市  ■ 撮影/2012年12月  ■ 構造/木造2階建  ■ 施工/四日市スタジオ(担当:桂山翔)