Vol.94 _ 伊勢市

らんらんらん 邸

MESSAGE FROM 山下和哉(建築家)

2011年の1月に初めて建築予定敷地を訪れて、2012年9月に建物が完成、お引渡しを行いました。設計に12ヶ月、見積りに2ヶ月、工事に7ヶ月をかけ完成いたしました。
建築主さまはお二人とも仕事にお勤めなので、設計の打ち合わせは夜に行いました。愛犬のガッツが隣で過ごしている中、設計図面を広げて30分間話を進めると、お茶とケーキが出てきて30分間休憩、また30分間設計の話にもどり、またアイスタイム休憩などなどで、気が付けば時計の針は深夜の12時を廻ろうとしています。このようなスタイルで設計打ち合わせが進められ、楽しい時間は過ぎるのが早かった印象です。


そしてようやく様々な夢と可能性が詰まった図面が完成し、見積りに出しました。見積りは夢の世界と現実の世界を具体的に見る作業で、この期間中はその両方に行ったり、来たりの繰り返しです。クライアントパートナーの柳田さんはそこの関所の番人で、ここを通過するためには柳田さんに手形を出し、受理されなければいけません。舞い上がっている建築主さまと設計者の気持ちを落ち着かせ、いつも冷静に判断を下します。


現場は楽しい思い出でした。現場監督はもちろん山崎監督。やさしさあふれる山崎監督は、我が事務所はもとより、建築主さまとの合性もぴったりで工事がはじまりました。現場監督配下の大工工事のKちゃん、電気工事のケンケン、といいメンバーが集まり、現場は和気あいあいとしたムード。おかげで難しい納まりもなんのその。全員協力体制で進み、思い通りの建物に仕上がりました。 いい家作りは、いい人たちと巡り会う事だと思います。幸いなことに「らんらんらん」の建築主さまは、ご自身の家作りにふさわしい人にたくさんめぐり合ったかのようです。もしかしたら建築主さまには始からそのような吸引力があり、われわれ周りの建築関係者はその力に、自然に引き寄せられたのかも知れません。いつも明るい笑顔の吸引力に。

ワークスへ
back