Vol.065_津市

川を愛で、山を眺む 邸

MESSAGE FROM ASJ四日市スタジオのスタッフ

T様とは、土地探しから一緒におつき合いをさせて頂きました。
ご主人の希望は、奥様のご実家から徒歩で行き来が可能であり、
しかも山も川も見渡せる場所とのことでした。


正直なところ最初にヒアリングをした時点で、
かなり不可能に近いご要望だなと、
途方にくれながら不動産屋さんめぐりをしたのを覚えております。
それから半年間のご夫妻の熱意が天に通じたのか、
ご要望にピッタリ叶った敷地が出てきた時は、
皆で心から喜び合いました。


ようやく一つの山を越え、次は建築家さんを誰にするかの選択
作業でしたが、ここからは本当にスピーディに決定されました。
様々な物件資料をお見せしたのですが、
『これが良い!』『ここが素敵・・・』と言われる物件総てが
服部信康先生の設計された物件ばかりだったのです。


服部先生のデザインや作風に留まらず、
家づくりに対する想いやコンセプト、そして人柄なども併せて、
総ての面でT様ご夫妻と考え方が一致され、
第一回目のヒアリングやプレゼンテーションで
ほぼ全容が固まったのを鮮明に覚えております。


都会の片隅にひっそりと佇み、
存在をむげに主張しない古民家のような外観からは、
想像出来ないほど内部の空間には、
ゆったりとした広がりがございます。


吹き抜けを介したリビングと2階の個室との上下の繋がりや、
大きな木製窓から見渡せる山々の景色など、
田舎の実家に帰った時や、子供の頃お爺ちゃんお婆ちゃんの
家に遊びに行った時を思い起こさせるような
ゆったりとした時間が流れています・・・。


優しいご主人と奥様の笑顔に包まれながら、
子供さんたちは広い庭・家庭菜園の畑・ご主人専用の
作業スペース・大きなウッドデッキ等を介しながら、
今でも敷地全体を楽しそうに走り回っておられます。


いつまでも家族が寄り添える、
温かくて楽しい“家”がまた一つ誕生しました。
建築家との家づくりとは本当に楽しいものだなと、
改めて考えさせて頂けた事に感謝しております。


これからも末永く良いお付き合いを、宜しくお願いいたします。

ワークスへ
back