Vol.108_ 伊賀市

伊賀市 O邸

MESSAGE FROM 伊賀市 O邸 のオーナー様

「私の実家は、先祖代々続く旧家でして、田舎づくり特有の田の字型の建物でした。
仏間をはじめとする和室が日当たりの良い南側を占拠し、キッチンや家族の集まる場所は北側の薄暗く寒い場所にありました。
段差も多く、階段も急勾配だったので、産まれてきた子供や妻の育児、そして年老いた祖母のことを考えると、住み難さを感じていました。


敷地には余裕があったので、別棟での新築も考えましたが、祖母や母にとって思い入れのある、家族が慣れ親しんだ住まいということもあり、リフォームをすることを選びました。


家族で話し合う中で、新しさの中に築60年のレトロな感じを残すことを考えていました。
太い柱や梁など当時の木材を復元させ、漆喰などの自然素材の壁材と融合させながら、住みやすい間取りにするにはどうすれば良いのか等々・・・ 長尾先生のビフォーアフターで培われた豊富な経験と知恵をお借りしながら、楽しい打ち合わせを積み重ねていきました。


構想、設計打合せ、施工と完成まで、約2年かかりましたが、希望通りのリフォームが完成しました。
広く、明るくなったリビング、インナーテラス、スタディーコーナーといった新しい部屋も増え、子ども達が段差を気にせず、ワイワイ遊べる空間ができ、家族みんなが満足しております。


祖父母や両親が護り継いできた我が家を、新しい家族と共に再生できたことが何よりの嬉しさです。
日当たりや風通しが良くなり、耐震性や断熱性も充実させる事ができ、この家での、これからの生活が楽しみです。
メンテナンス等もあるかと思いますが、これからも宜しくお願い致します。

ワークスへ
back