Vol.066_四日市市

日永 K邸

MESSAGE FROM 四日市市「日永 K邸」のオーナー様

「理想を形にした家、人とは違う家を建てたい」その思いから
「建築家の建てる家」に憧れがありました。
自分たちだけの為にデザインしてもらいたい
という気持ちがありましたが、
実際どこに頼めばいいのかわかりませんでした。
ハウスメーカーも見て回りました。
でも納得のいく建物には出会えませんでした。


そんな中、ASJの広告を見て、
四日市港ポートビルでのイベントに行ってみました。
敷居が高いんじゃないかとドキドキしながら・・・。


松浦さんに声をかけていただいて、
話を聞くうちに少ない予算でもお金をかけたいところと、
けずれるところのバランスをとって
希望の家を建てることができると説明してもらい納得できました。


家づくりが始まりました。
紹介していただいた建築家の加藤さんは、
始めて会った時内心「あっ」と思いました。
この人なら安心して話ができる、
シンプルでモダンな家を建ててもらえると直感しました。
そんなピッタリな人を引き合わせてくれた松浦さんは
すごいなーと思いました。


はじめに提案してもらったプランは、
平屋で土地の形状を生かした斬新なデザインでした。
結局、今の二階建てプランに決めるまで、何日も迷いました。
工事が始まり、現場が近かったので
毎日通い形になっていく我が家を目にするのが楽しみでした。
完成するととても感動しました。
外観はシンプルな中にも主張がありました。
選んだプランはとても暮らしやすく、気に入っています。


どこにいても家族の気配を感じることができ、
何よりも「デザインされた家」はいろんな表情があります。
大きな窓から差し込む光、床の肌触り、窓から見える木々の緑・・・。
照明やタオルかけにいたるまで全てが好きです。
子供たちも、家づくりを最初から最後まで見ているので、
彼らにとっても思いが詰まった家になっている、
と思います。


加藤さん、松浦さん、現場監督の北川さん、
棟梁の山中さん、大工さん・・・
たくさんの人の手が、この家の温もりになっていると思います。
工事が終わってほっとしたのもありますが、
ちょっと寂しくもあります。
いろいろ無理を聞いてもらい、
いつも快く対応していただき感謝しています。


面と向かってあまり言葉にできませんでしたが、
この家のどこも大好きです。
この場を借りて、感謝の気持ちが伝わると良いなと思います。
本当にありがとうございました。

ワークスへ
back