過去のイベント一覧

2008年7月27日 テレビ朝日系列 『渡辺篤史の建もの探訪』にて放映

家族が仲良くなる家

建築家/長谷川豪

机?部屋?それとも中庭? “スタディリビング”のある家

8.8m四方の正方形平面を持つ2階建ての建物。 白い外壁に大きく突き出した庇が印象的です。床から70cmの高さに設置された約10畳の巨大テーブルは、時にはテーブル、時には部屋として機能。世界初にしておそらく世界唯一の“スタディリビング”です。子供部屋は2か所でスタディリビングに接していて、子供たちの勉強机になっています。スタディリビングの内壁の一部は、プロジェクターのスクリーンとしての機能を持っています。 キッチンのカウンターの長さは約5m。こちらも床から浮いたようなデザインが特徴です。 北西角のエリアは、カーテンで仕切る事でゲストルームとしても使えます。 屋上からは周囲の山並みが一望できます。

■ 場所/三重県四日市市  ■ 竣工/2006年10月  ■ 構造/木造2階建  ■ 建築家/長谷川豪(長谷川豪建築設計事務所)

ワークスへ