過去のイベント一覧

掲載情報:CASA NAGI三重の個性派住宅Ⅱ「オンリーワンの住まい」

桃園の家

建築家/株式会社上村工建

間口を広げて田園風景をほしいままに

雲出川流域の長閑な田園風景にたたずむO邸は、間口が広く、奥行きが浅い衝立のような形から、遠くからだと集合住宅のように見える。実は奥行きもたっぷりある敷地に、あえてこのようなフォルムを選択したのは、建築家の周到な計算から。「豊かな田園風景を、どの部屋からも眺めてもらえるようにと。奥行きを浅くすることで、光と風も存分に取り込めますし」オーソドックスなデザインは、これみよがしにアピールしなくても、施工が確実で手入れしやすく、飽きが来ない。建築家の確かな経験と力量が感じられる住まいである。(本誌より抜粋)

■ 場所/三重県津市  ■ 竣工/2009年4月  ■ 構造/W造2階建  
■ 施工/株式会社上村工建(担当:北野真一)

ワークスへ